利用者様の間に立って

訪問看護のリハビリをご利用しているAさん。
植物を育てることが好きで、この日も大きくなったユスラウメを嬉しそうに担当の作業療法士に見せてくださいました。
実はこのユスラウメ、Aさんを訪問している作業療法士Sが、5年前に他の利用者様から預かったもの。以前Sが訪問していたBさんから、Aさんへのプレゼントだったそうです。

Aさんはお花や植物が大好きで、お家でたくさん育てていらっしゃり、ユスラウメを育ててみたいけどなかなか踏み込めないというお話を作業療法士Sにしてくれたことがありました。
そんな時、一人暮らしでお庭を持つBさんが、お宅の駐車場に植えてあるユスラウメを見せて下さったことがありました。実がなり、周りにユスラウメの子供たちが生えていて、この苗をもらってくれる利用者様がいることを伝えると、喜んで譲って下さいました。

Aさんは、毎年ユスラウメを見せて下さるようになりました。苗を頂いてから5年が経ち、ユスラウメは素晴らしい成長を遂げています。今年は特に実が多くなり、Aさんはとても喜んでいました。また、子供の頃になったユスラウメの事を思い出し懐かしく思ったそうです。作業療法士SもBさんを思い出し、とても嬉しい気持ちになりました。

植物を育てることが生きがいになっているAさん、ユスラウメを運ばせてもらったことで、リハビリ以外にもできることがあると知りました。利用者様の毎日の生活が少しでも豊かになって欲しいと願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top