Loading

  • 上毛新聞 プレゼンター

    先週6月5日の上毛新聞さんの1面での特集『presenter 人口減少社会の成長戦略』に

    載せていただきました。

    初めてのことでしたので、ドキドキしました😊

    私の起業からの軌跡を素敵な文章で書いてくださったり、

    素敵な写真を撮っていただけたり、思い出になる記事で嬉しいです。

    その反響の多さにも驚きです。

    桐生の方だけでなく、県内から「見たよー」というご連絡を多くいただきました。

    ありがとうございます。

    COCO-LOのスタッフは、親から電話がきた、友人からメールが届いたとか、やはり反響が多かったようです。

    そして、ココロをご利用の利用者さんのところにも。

    「朝から、『あなたの行っているところの社長さんが載ってるわよー』って何本も電話が来ましたよ」

    などと、嬉しそうに教えてくださる方も何名もいらっしゃいました。

    利用者さんのところにまでお知り合いからご連絡が行って、それを嬉しそうに私にお話ししてくださることが、

    とてもとても嬉しくて。

    ありがたい。

     

     


  • 学び欲

    人生において学び続けることが大切だと思っています。

    「一生勉強」

    英語や数学などだけではなく、生活力や人間力、または、ビジネスで必要なスキルや知識など、様々なことにおいての学びです。

    本を読んだり、人と会ったり、講演を聞きに行ったり、といった学び方。

    身近な人とじっくり話すことで受け取れる刺激やその人の考え方を知ることも学び。

    子供の目線で感じることを知って、その発想が面白いなと気付いた時の学び。

    学びの場面は、日常にたくさんあります。

    自分自身に受け取る体制ができているかどうかで、学びと感じるのか、日常の出来事と感じるのかは大きく異なるのでしょうが。

    先日、社内のマネージャー陣と話していて、感じました。

    自分の役割を全うするために努力を続けている人は、雰囲気というか、態度というか、持っている感性に自信を感じます。

    小さな勉強を積み重ねて、それが1年経った時、その人のものになっていて、小さくでも積み上げていった人には、人とのご縁や運が味方をしてくれているように感じます。

    日々の業務をこなすだけで、未来の自分を作らないでいると、積み上がるものがありません。

    もちろん、自信にもならないので、良い仕事をしようとする時の一歩が遅れてしまいます。

    日々、小さく積み上げること、大切なのだなぁと思います。

    10の心を持って自分を育てていきたいです。

    10の心

    思いやりの心
    向上心
    挑戦する心
    柔軟な心
    協力する心
    個人を大切にする心
    ありがとうの心
    余裕の心
    気配りの心
    優しさの心

    COCO-LOの経営理念が皆様のお役にたてますように。


  • 2017年

    2017年お迎えしました。

    今年は、自分のできることを一歩一歩、歩んでいこうと思います。

    利用者さんが、「やっぱりココロで良かった」
    と、思ってくださるよう
    一人一人のスキルを高めていきます。

    介護事業所として、本業である介護、看護、リハビリの質をもっともっと高めていきたいです。

    そして、ココロメンバーが、仕事を楽しいと思える環境をさらに作っていきたいと思います。

    常に課題は山積みですが、
    一つずつ誠実に対応していくことで、
    道が開けると思うので

    諦めずに進んでいきます。

    まだまだ、情けないほど、未熟な私ですが、
    皆様のご協力をいただきながら精進してまいります。

    本年もよろしくお願い致します。


  • 秋は講師の季節

    あっという間に12月です。

    毎年、10月11月と講演依頼が多くなります。

    なぜこの辺りに集中するのかなぁと思って聞いてみました。

    関係各所の新年度が始まり、予算が組まれてから日程調整をすると、秋という事になるようです。

    それで、過去にお受けした全国の県庁等からの講演依頼はほぼ秋にあるわけです。

    秋は講演の季節です。

    全てお引き受けすると、本業をする時間がなくなってしまうので、先着順で予定を入れさせていただく事にしています。

    無理をして予定をギュウギュウにして、昨年は体調を崩したので(辛かった・・・)

    今年はその経験を生かして、余裕を持ってお受けしています。

    (昨年は、講師依頼だけでなく、官公庁の委員依頼もほぼお受けしていました・・・)

    それでも、遠いところでは、宮城県へ4回。

    東北の依頼は、なるべく、少し無理をしても受けると決めております。

    4回中2回が仙台市での開催でしたが、駅周辺の開発が進んでいる事に驚きました。

    新幹線は、早めに予約しないと満席であることも。

    人が集まっているのだなという事を実感しました。

    前橋市、桐生市、など今年度は県内の依頼も増えております。

    桐生市でほそぼそと運営しているだけの私を思い出して、講師のご依頼をいただくのですから、
    大変有り難いです。

    私のことを思い出していただける事が、本当に嬉しいです。

    少しでもお役に立てる機会をいただける事に、感謝です。

    今は、利用者さんやココロメンバーとの毎日の交流が私には生き甲斐で、

    共に考え、共に泣き、共に感動し、共に課題を乗り越える、そんな一つ一つの時間が貴重で

    かけがえのない物である事を感じ、大切にしていきたいと思っています。

    出来る事を、少しずつ、出来る範囲で、小さな出来事を大切にしていきたいのです。

    今、ここに存在させてもらえるという事実に感謝です。

    お陰で、今年は素敵な出会いを沢山し、じっくりとたくさんの方のお話をお聞きする事が出来ました。

    ココロメンバー、ココロを好きでいてくださる利用者さん、いまここで出会った方々、貴重な経営者仲間、講演先で出会った素晴らしい方々、子どもを通して出会った方々、などなど繫がりが出来たご縁一つ一つを大切にしていきたいと思っています。

    今という時間を大切に、ここという環境を大切に、自分という存在を大切に、日々を過ごしていこうと思っております。


  • ロボット

    ロボットスーツのHALを導入します!

    理学療法士が行うパーソナルトレーニングにおいて、

    ロボットスーツのHALを導入します。

    単関節のロボットで、

    群馬県初の導入となります。

    私、作業療法士として得意なのは、片麻痺の方の動きにくい手をリハビリすることです。

    少しでも筋肉に動きがあれば、動くのではないかとワクワクします。

    でも、アシストするために、私の手が足らないのです。

    使ってほしい筋肉と、片麻痺の手の重さを支えて、誘導する。

    そこで、このロボットを使うとアシストしやすくなります。

    片麻痺だけでなくても、効果は期待できます。

    どのような効果が出るのか、楽しみです!!


1 / 212

アーカイブ

PAGE TOP
Top